洋服選びのその先へ。エシカルにクリーニングを実現できる3つのヒント

|自身のファッションブランド《Stella MaCcartney》を持つステラ・マッカートニーは洗濯なしで洋服のお手入れをしている!?

《Stella MaCcartney》はブランド設立以来、リアルファーを使用しない誓いを守り続け、労働者の人権や動物愛護、再生可能な天然資源にファーカスし、移り変わりの激しいファッション業界の中でエシカル・サステイナブルを推進してきた。そんな彼女が、「洗濯は嫌い」で「絶対に洗わなければいけないもの以外は洗わない」と宣言。彼女はどうお手入れしているのか?そして、そこまでかたくなになるほど洗濯を嫌う理由とは?

《参照:https://www.stellamccartney.com/experience/jp/sustainability/》

|ステラマッカートニー流、洋服のお手入れ方法とは?

ドライクリーニングも洗濯も好まないマッカートニーは、洋服についた目に見える汚れを乾かし、ブラシでそれらを落とすだけというシンプルな方法でお手入れをしているという。さらにマッカートニーは、毎日ブラジャーを付け替えることはしない。

ファッションを学んでいた学生時代、ロンドンのサヴィル・ローで数年働いたときに、持っている服を全部洗う必要はないことを学んだのだそう。

“あたた自身が美しい人であれば、服を洗濯することは必須ではない

というマッカートニーの言葉に、ハイブランドや流行ものを身につけることや見栄えばかりを気にすることではなく、環境問題や動物愛護などもっと目を向けるべきことに気づかされます。

|わたしたちもできるエシカルな洗濯方法とは?

1、洗濯回数を減らす

いきなり、全く洗濯しなくなるのは変化が大きすぎると感じる方は、まずは洗濯をする回数を少しずつ減らしていくということも、エシカル・サステイナブルファッションに貢献する始めのステップに。衛生面が気になる方は、特に汗をかいたり匂いが付くような環境にいなかった日は、洗濯を控えるのも一つの方法。また、洗濯や手入れのしやすい素材で作られたものを選ぶのもポイント。

2、自然に還元しやすい石鹸洗剤を使う

とは言っても・・という方は、自然分解しない合成洗剤から自然に還元しやすい石鹸洗剤へ切り替える方法もあります。古来から使われてきた石鹸の場合、自然還元して魚のエサになってくれますが、合成洗剤だと自然に残ってしまいます。

3、自然由来で泡立つ「ウォッシュナッツ」を使う

自然由来で泡立つ「ウォッシュナッツ」も合成洗剤に変わる洗剤としておすすめ。数回使えるので、エコで便利。そして節約にもなりますよ。洋服の洗濯のみならず、食器洗剤にも使えて優れものです。

洋服が作られる過程や素材のみにファーカスすることだけがエシカルファッションなのではなく、購入した後も継続してエコフレンドリーな行動をとることもエシカルファッションの一部です!新しくエシカル・サステイナブルな洋服を買う余裕はないけれど、何かエシカルやサステイナブルに貢献してみたいという方は、今すでに持っている洋服の洗濯や保存方法でアプローチしてみてはいかが?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中